下顎前歯部歯槽骨切り術(下顎セットバック整形)Mandibular Anterior Alveolar Osteotomy

下顎セットバック整形とは

下の歯が上の歯よりも前方に出ている状態は一般的に「受け口」と言われることが多いですが、正式には「反対咬合(はんたいこうごう)」・「下顎前突症(かがくぜんとつしょう)」と言い、下顎前歯部歯槽骨切り術(下顎セットバック整形)は、このような状態を改善する際に行う骨格整形術です。

症例写真

下顎前歯部歯槽骨切り術
(下顎セットバック整形)とは

このようなお悩みに

当院の下顎前歯部歯槽骨切り術
(下顎セットバック整形)のメリット

下顎前歯部歯槽骨切り術
(下顎セットバック整形)の料金

下顎前歯部歯槽骨切り術
(下顎セットバック整形)
770,000円
モニター価格 715,000円

※複数の骨切り術を組み合わせる施術の場合、モニター価格の適用はいずれか1つのみとなります。
※記載料金は予告なく変更することがございます。またカウンセリング・診察時にご提示したお見積について、
有効期間は提示日より3か月とさせていただきます。

下顎前歯部歯槽骨切り術
(下顎セットバック整形)の施術の流れ

下顎前歯部歯槽骨切り術
(下顎セットバック整形)の
注意点・副作用・リスク

取扱い施術一覧

こちらに記載がなくとも、歯や歯茎、噛み合わせ、輪郭に関してお困り・お悩みの事があればお気軽にご相談ください。
歯科口腔外科医と形成外科専門医が連携している当院では機能面・審美面の両方を兼ね備えた最善の治療プランをご提案しています。

監修医師
みずほクリニック
院長小松磨史

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。 免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士

みずほクリニック
歯科口腔外科院長西田和宏

1993年 鶴見大学卒業。医学部口腔外科にての研修課程終了後、大手美容外科をはじめとする口腔外科・審美歯科・一般歯科を経て、2022年7月みずほクリニック入職。免許・資格:日本口腔外科学会会員、顎変形症学会会員