歯科口腔外科院長ブログBlog

2022/11/01
あごの長さ・受け口(反対咬合)の改善(下顎前歯部歯槽骨切り術・オトガイ短縮術)

今回は、あごの長さと受け口(反対咬合/はんたいこうごう)を主訴にご来院された男性の症例です。

実際に診察やレントゲン検査などを行ったところ、本人の主訴通り 顎の過長ならびに反対咬合が認められました。

反対咬合(はんたいこうごう)は一般的には「受け口」と言われる状態で、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態を言います。反対咬合は、下の前歯が前に出ることによって下顎も前に突出するため、下顎前突(かがくぜんとつ)とも言われます。

反対咬合(下顎前突)は、審美面においては下唇・下顎が上唇・上顎よりも前に出る(受け口)他、機能面では食べ物をうまく噛みにくい、発音がしにくいといった影響が出ることがあります。

今回は、反対咬合(下顎前突)とあわせて顎の長さを短くするために下顎前歯部歯槽骨切り術(下顎セットバック整形)とおとがい短縮手術を同時に行いました。

上の写真は術後1か月の様子です。

術後の写真を見る限り、まだ多少腫れが残っている状態ですが、顎の長さや顎の角度に変化が出ているのがお分かりいただけるかと思います。

今回の手術のポイントとしては、術前のカウンセリングにてご本人ともよく話をさせていただき、顎を短くする際に意図的に少しだけ前方に出すことで、より「男らしさ」を感じられるようなラインに仕上げている点です。

また、口唇の突出のバランスについても微調整を行っています。術前は下唇がやや前方に出ていましたが、術後は下唇を後退させることにより整ったラインに変化しております。

術前(左)と術後(右)の写真を再掲します。


本手術(下顎前歯部歯槽骨切り術/下顎セットバック整形+オトガイ骨切り術/オトガイ短縮術の同時手術)では、下顎前歯部歯槽骨切り術によって4番目の歯を抜歯した後に歯槽骨を後方に移動すると同時に、おとがいにおいては水平骨切り術によって約4mm幅ほどを切除・除去し、おとがい部(顎先)を短縮すると同時に前方へ移動しています。


今回の症例のように、当院の輪郭形成・口腔外科治療においては、ご本人の希望を丁寧に伺った上で細かくカスタマイズをした輪郭形成術を行っています。
100%すべてを叶えることは、もともとの骨格などの関係もあり難しいですが、できるだけ理想のラインに近づけるよう一人ひとりの希望やイメージにあわせた計画を立てて手術を行っています。小さなことでも構いませんので、仕上がりについて気になる点やご希望があればカウンセリングの際にお気軽にご相談ください。
下顎前歯部歯槽骨切り術(下顎セットバック整形)詳細はこちら
オトガイ骨切り術(オトガイ短縮術)詳細はこちら

<本ブログの症例に関する情報>

施術名:下顎前歯部歯槽骨切り術(下顎セットバック整形)・オトガイ骨切り術(オトガイ短縮術)
費用:下顎前歯部歯槽骨切り術(下顎セットバック整形)1回 770,000円(モニター価格660,000円)、オトガイ骨切り術(オトガイ短縮術)1回 660,000円(モニター価格550,000円) 治療に伴う可能性のあるリスク・副作用:腫れ、内出血、知覚麻痺、骨壊死、骨髄炎、感染、左右非対称、顎下のたるみなど
施術内容に関する問い合わせ先:お問合せフォームからどうぞ

監修医師
みずほクリニック
院長小松磨史

札幌医科大学・大学院卒業。米国フロリダ・モフィット国立癌センター勤務(ポストドクトラル・フェロー)後、札幌医科大学・形成外科 助教、北海道砂川市立病院・形成外科 医長、大塚美容形成外科(大塚院・金沢院・名古屋院など)を経て、2014年みずほクリニック開院。 免許・資格:日本形成外科学会・認定専門医、日本美容外科学会・正会員、医学博士

みずほクリニック
歯科口腔外科院長西田和宏

1993年 鶴見大学卒業。医学部口腔外科にての研修課程終了後、大手美容外科をはじめとする口腔外科・審美歯科・一般歯科を経て、2022年7月みずほクリニック入職。免許・資格:日本口腔外科学会会員、顎変形症学会会員